袋帯の選び方のポイントを徹底解説

基本的な袋帯の種類を知ってから選ぶ

袋帯は表地と裏地の2枚の生地を袋状にして縫い合わせて仕立てられた帯です。現在では丸帯の代わりに礼装用の帯として振袖や留袖を着る際に締める帯として知られています。しかし、一口に袋帯といっても、金糸や銀糸を織り込んだ豪華な仕上げの物から、比較的あっさりした柄行のもの、軽いタイプの物まであります。それらすべて正装として使えるのでしょうか。それとも、格の違いのようなものがあって、帯の種類によって着て行くことが出来る場所や合わせる着物が変わってくるのでしょうか。大きく分けると、礼装として使うことができるものと、それ以外の時に締める帯に分けられます。基本的な違いを知ることで、それぞれの格と、締めて出かけられる場所や合わせる着物を選ぶことが出来るようになります。

礼装として使う帯とおしゃれ着として締める帯

金糸や銀糸、箔などを織り込んだ華やかな帯は、礼装用として留袖や色留袖などと合わせます。礼装用の帯の中でも長めの帯は、変わり結びが可能なので、振袖用として使われています。礼装用ほどの華やかさはないものの高級感のある織の帯があります。これは正装用として訪問着や付け下げなどを着る時に締めることが出来ます。このように、礼装や正装として使われる帯の他に、しゃれ帯といわれるものがあります。あくまでおしゃれ着として締める帯で、小紋や紬などをおしゃれに着たいときなどに似合う帯です。柄行も吉祥柄などの古典的な物より、モダンな物や趣味のものが多く、カジュアルに締めることができます。また京袋帯と呼ばれる、お太鼓一重分短いものもあります。これは、帯の格が一つ下の扱いになります。

TPOに合わせて帯を選ぶことが大切

帯の違いを知ったなら、TPOに合わせて帯を選ぶようにしましょう。礼装用として金糸銀糸のある華やかな帯は、合わせる着物も格の高いものにして、結婚式などの祝いごとの席に締めることが出来ます。高級感のある織の帯は、色無地や付け下げ、訪問着と合わせて、正装としてお茶会やパーティーの席にぴったりです。おしゃれな帯は、普段着としても良いのですが、ちょっとした食事会やショッピング、観劇などに締めていくと良いでしょう。着物と同じように、帯にも格とその場にふさわしい雰囲気があります。TPOにあった着物と帯を選ぶことは、礼儀でもあり、センスを見せることでもあります。帯は着物を引き立てたり格を変えることもできるので、上手に帯を選ぶことが出来るようになりましょう。

お手入れ部では、着物1点からお手入れが可能なので、自宅のお手入れでは解消できなかったトラブルでもお任せ下さい。 メールでのお問い合わせは、24時間受付 お買い物は年中無休! お手元で品柄を確認後、仕立を依頼頂く場合は返送ください。 品質、価格、品揃え。お客様第一をモットーに 今日もとっておきのお着物を お届けいたします! 着物に合った袋帯を選ぼう