結婚披露宴に向いている袋帯の具体例

着物は日本古来の民族衣装で、その装いは優雅で格調がある見事なもので、これからも日本独自の文化として継承して行きたいものです。その着物姿に欠かせないもう一つの主役が帯になります。着物に合わせた素敵な帯を合わせて、美しい着物姿が完成します。着物に帯を合わせるときは、色柄のみでなく、格調もあわせねばなりません。結婚披露宴に着て行く着物は振袖、黒留袖、色留袖や訪問着の礼装用の着物となります。その礼装用の着物に合わせて締める帯は袋帯になります。特に結婚披露宴は祝いごとのお席になりますので、おめでたい柄の着物、帯が尊ばれます。幸せな喜びの宴を彩るような、若い女性の華やかな着物姿も好ましいものです。また新郎新婦のお身内やお仲人様の黒留袖に、金糸、銀糸の帯も厳粛な面持ちで見る人に大変立派な印象を与えてくれます。

着物姿を完璧に演出するのは着物に似合う帯

最近は年々街角で着物姿の女性を見かけることも少ないですが、成人式や結婚披露宴で女性の着物姿を見るとやはり着物姿は良いものです。同じ結婚披露宴でも、参列者の方々に着物姿の女性が多いと結婚式そのものが、格が高いように見えてきます。着物姿の美しさはそうした力を持っています。結婚披露宴に着る着物は、新郎新婦のお母さま、その近い身内の方や仲人様は黒留袖をお召しになります。その他の参列者の方は、振袖・色留袖・訪問着などがその装いとなります。何れも第一礼装、第二礼装、略礼装の礼装用の着物になりますので、それに合わせて締める帯も西陣織の袋帯が殆どになります。黒留袖はお客様をお迎えする側の第一礼装になりますので、金糸、銀糸の厳かな格調の高い古典柄の帯が相応しくなります。

結婚披露宴の喜びを表す晴れやかな装い

お振袖、色留袖、訪問着などで出席される方は、結婚されるお二人、そのご家族やご親戚にお祝いする祝福する気持ちをそのまま着姿で表現しましょう。振袖は未婚の女性が着る第一礼装の着物で、日本女性の一番の装いの一つです。華やかな美しさと若々しさを思い切って表現します。締める帯は着物と同系色の物でも良いし、全くの反対色でも構いません。同系色の帯を選んだときは着物と調和のとれた落ち着いた着こなしに、反対色を選んだときは溌剌とした華やかさを演出出来ます。色留袖・訪問着には着物と馴染む同系色の帯がお勧めです。着物の下地に使われているお色目が帯にも配色されていると、着こなしがぴたりと優雅にまとまります。古典柄の着物には古典柄の帯を選び、現代的でモダン柄の着物にはやはりモダンな柄の帯を選びます。艶やかな着物姿も帯の選び方で、一段と華やかになるため、帯の選び方も油断なく決めたいです。