TPOに応じた袋帯の違いを知ろう

着物姿は結婚式・披露宴・成人式や入学式・卒業式などの大事な祝いの席、通過儀礼の場の装いとして大切なお召し物です。その着物を素敵にみせるのも帯次第です。立派な着物を着用しても、その着物に似合わないもの、TPOに相応しくない帯を選んでしまっては、結局着姿全部を駄目にしてしまいかねません。良い着物には良い帯を、そしてその場に相応しい帯を選ばねばなりません。お店の人に相談してお店の人に選んで頂くのももちろん良いのですが、基本的な帯の選び方、色柄の選び方・格の合わせ方TPOなどは知識として押さえておくのが良いでしょう。基本的な帯の選び方を身に付けて置けば、お店の人と相談しながら帯を選ぶにしても、一つレベルを上げて選ぶことになります。帯について知る事は着物を知る事にも繋がり、帯揚げ帯締めなどの小物選びにも繋がります。結局素敵な着物姿を創る事になるのです。

袋帯は色と柄そして「格」にも注意して選ぶ

袋帯は爪織本綴れなどの帯を除けば、第一礼装から第二礼装、略礼装・正装の着物に合わせます。第一礼装の着物には未婚の女性が着る振袖・既婚者が着る黒留袖などがあります。(黒紋付き・喪服は第一礼装ですが黒とも帯を締めます)第二礼装の着物には訪問着、略礼装には色無地、正装の着物には付け下げなどがあります。基本的にこれらの着物には名古屋帯などは締められません。また着物の柄、帯の柄にも格があります。古典柄の着物には古典柄の帯が馴染みます。重みのある古典柄の留袖の着物に、近代的なモダン柄の帯を併せては格が合わない事になります。色目の合わせ方としては、黒留袖には金糸、銀糸の帯が良く似合います。振袖や訪問着などで若い人が華やかに合わせたい時は、着物の色調の反対色を選んだり、柄が大きく賑やかなものを選ぶと華やかになります。訪問着などで落ち着いた雰囲気にまとめたい時には、着物と同系色の帯を選ぶと淑やかに仕上がります。

締めやすい帯は選ぶポイントがある

締めやすい帯を選ぶことは、美しく着物を着こなすための大事なポイントです。せっかく着物の格に合わせた帯を探し、色柄が似合う帯を選んでも、締めにくくて締めるたびに力を入れて大騒ぎ、また締めても段々とずり落ちてくるような気がするのでは、気になって折角の晴れの舞台も気が気でありません。帯は出来るだけ軽くて柔らかく腰のある帯を選びます。素材は化繊やウールの物など選ばず正絹の物を選びます。固すぎる帯は良く締まらずに滑りやすく段々と下がってくるようで気になってしまうものです。袋帯の柄の付き方には主に3通りあります。一つは全通の帯で、帯の全体に柄が付いています。これは帯のどこを前にして後ろにしても柄が出るので、締めやすいです。一番多い柄の付き方は六通柄で帯の途中に柄の無い部分があり、前後柄を出すところではここを避けねばなりません。体格が良い人は出来れば全通の帯を選ぶようにします。数は少ないのですがポイント柄というのもあります。九寸名古屋帯のように前と後ろにワンポイントの柄が付いています。柄のあるところの幅が狭いので柄を前とお太鼓に持ってくるのが難しくなります。